スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムドメインスピーカー

タイムドメインスピーカー「Yoshii 9」
timedmain.jpgあたかも、その音源が録音された場所に座っているような感覚を目の前で、アーチストが最高のコンディションで行った演奏をリアルタイムで体感できる!

私はこのスピーカーを、とある演奏家の友人の家で知った。ソースがCDであれ、アナログレコードであれ、はたまたポータブルプレーヤーだろうが構わない。録音された音源を、ただただ忠実に再現している。目をつむれば演奏会場そのものである。無駄なものを一切取り除いた画期的なスピーカーと言える。これ以上、「音」にこだわったスピーカーはないだろう。

弾かれた弦が、音色となって空間に放たれる瞬間、その弦のたわみ、質感、そして楽器全体に伝わる微妙な振動。音が放たれたその場の空気をも忠実に再現する、稀有な一品。これさえあれば5.1chなど不要。まさに一生モノの逸品、つくづくそう感じた。

yosii9.jpgタイムドメイン理論
タイムドメインとは、音の再現理論に、新たに「時間」という概念を加えた考え方である。音が発生してから消えるまで、その過程を正確に再現するという画期的な理論と言われる。より自然な音質を実現することができ、アーティストが本当に目の前にいるような感覚を、2次音源にして味わえるのだ。

「自然な音だからいくら聴いても疲れない」「 音場感が豊かで雰囲気まで伝わる空間から音が出ているみたいだ」「 演奏会場の物音、観客の話声、微少な音が聞える」etc. ...タイムドメイン理論によってつくられたこのスピーカーは、本当の意味でのバーチャルサウンドを実現したといえるだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kodawarigoods.blog13.fc2.com/tb.php/4-973f423a

«  | HOME |  »

商品カテゴリー

商品一覧

コメント

トラックバック

BLOGER

MAXI@BLOGER

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。