スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インファーノ TR15 (エンジン)

ミニインファーノTR15京商 インファーノ TR15レディーセット

さて、前述のミニインファーノを手に入れた方!走行フィーリングはいかがなものだっただろうか。昔なじんだ1/10サイズバギーより一回り小さいわりにはスピードが速くて、そこそこ楽しめたという所だろう。メカニズムも凝っていて、見ていてもなかなか楽しい。(私はショップで見るだけだったが…)

しかし…物足りなくは無かっただろうか。。
もしも子供の頃あのミニインファーノが登場していたらかなりエポックメイキングなマシンだった事だろう。1/16のサイズにして約20~30Kmのスピードといい、たいへんな話題を呼んだに違いない。

だが歳も重ねて、マイカーに乗ればいつでもスピードを手に入れることの出来る私にとってはそれも物足りない。モーターで音も静かな上、刺激が足りないのである。同じく思われているあなたにはグローエンジンのラジコンを薦めてみたい。その排気煙や音は新たな充足感を与えてくれるに違いない。

その名もインファーノTR15レディーセット。完全完成品である。これをショップで見た瞬間に買うことは決まってしまった。。残念ながらスタイリッシュなオフロードバギーは今ではあまり存在しないが、これはなかなかいける。そしてもちろん今手元にある!

ラジコンは一から作るというのが元来の姿であるが、毎日仕事や何やらで忙しい身には、なかなか集中して一作品を作り上げるのも大変だ。そこでまたまた完成品の登場である。メカニズムなどは説明書を見れば組み立てなくとも分かる。言い方は悪いが所詮同じシステムだし、しかも価格も約25,000円と安いときている。
プロポ・リンケージ・ベアリングもセット済みで、乾電池と燃料さえ用意すれば、すぐ走れるという手軽さだ。

そしてエンジンカーの煙と音を楽しむことが出来る。
わずか2ccに満たないグローエンジンが、極限の超高回転域で、高いうなりを響かせながら疾走していくのはひとつの快感で、そんなマシンを操ればストレス解消にもなる。スリッパークラッチも装備されているからジャンプや負荷の高い走行もなんとかクリアできるだろう。
オフロードで民家が周りに無いなど、走らせる場所は選ばなければならないが(河原や川沿いの公園などがいいのではないだろうか)、バッテリーの管理が難しく、ストイックなモーターマシンよりエンジンは断然オススメである。さらに、オススメのオプションは2速ATで、これを装備したときこそがエンジンRCの醍醐味を堪能できるに違いない。
なお走らせたあとは、面倒がらずにタミヤクリーナースプレー(エタノール)などでシャシとエンジンの油と泥を落としておけばOKだ。油を溶かしてすぐにきれいになる。次回もすぐに始動が出来る事だろう。

さて最近タミヤからは、復刻商品が流行のようだ。
まあ端的に言えば意外に売れるということであろう。ホーネット、グラスホッパー、マイティーフロッグと、RC発展途上期の花だったマシンたちが、続々とよみがえっている。
マイティーフロッグなどは特に思い出深い1台であるに違いない。私は郷愁を否定しない。RCマシンに憧れを感じた、古きよき時代を思い出すのもまた一興であろう。この「憧れだった」と言うところがポイントなのかもしれない。それはRCに対してなのか、バギーだからなのかクルマそのものに対してだったのか、今となっては分からないが、当時手に入れたときものすごくうれしかったことを覚えている。しかし相変わらず「バギー」というクルマの存在は私にとって憧れのままである。

ところで欲深い私は、ひそかにトマホークやプログレスなどの京商製品がリバイバルしてくれることを願っている…ミニッツは4WDが出るとはいえもう満腹である…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kodawarigoods.blog13.fc2.com/tb.php/24-91ef4790

-

管理人の承認後に表示されます

«  | HOME |  »

商品カテゴリー

商品一覧

コメント

トラックバック

BLOGER

MAXI@BLOGER

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。